ビブリア古書堂の事件手帖(TVドラマ)第1回を見て想う。

月曜夜9時 本日から放送の

「ビブリア古書堂の事件手帖」を見て、

本の力、その奥にあるドラマに魅せられた。

 

ZIDEN.produce.が発信したい部分にも共鳴する。

一冊の本が語るドラマ。

ひと一人の間接的な人生の真実。

 

家族といえども、むしろ家族だからこそ、

伝えたいのに、伝わらない。

知ってほしいが、知らしてはいけない。

 

無情で、切ない、真実。

止めどない、繕わない、

等身大の人間臭さ。

 

本当の自分の気持ちに正直な感情。

表現のしようもない、自分への苛立ち。

 

だからこそ、自分を開放して欲しい。

それは誰かに伝えるだけの意味ではなく、

自らの精神を解放する意味も含む。

 

人生に誠実でありたいからこそ

言葉に、文字に残す作業は、

自分史としてまとめる本は、

 

自らにも、家族にも、未来にも

世界、地域、時代を飛び越えて、

意義ある活動と言えるのではないでしょうか?

 

自分自身の人生は誇り高き、

かけがえのないたった一つの物語です。

 

そんなメッセージは

「ビブリア古書堂の事件帖」からも

感じ取れるものでした。

 

あなたの人生を、

後世に残しては頂けませんか?

 

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント