感銘

1月13日(日)AM7:30~ FTV 「新報道2001」にて

合わせて202歳のご夫婦が「伝えたいこと」

 

原発2キロの我が家は今・・・という内容で

大熊町のY様ご夫婦の話がドキュメントされていた。

 

Y様はひ孫たちに伝えたい事、自身が生きた証を

残すため、生きた時間に合わせて新聞の記事の

スクラップや家族の出来事を記録していた。

 

また震災、原発、津波により避難を余儀なくされ、

残してきた家、私財の中に日々記していた日記

などもあって、一時帰宅の際に、探しに行く。

 

全てを取り戻す事は出来なかったが、一部を

探し出し持ち帰る。

 

Y様は未来に「今」を伝え残す事の意義、

時間の経過とともに風化し、消え去られる記憶、

忘れ去られる「今」を必死にかき集め、

誠実に書き記そうとしている。

 

高尚な目的と感じ、感銘を受けるところである。

一人ひとりの人生の意義と未来に向けて

伝える「今」・・・それはかけがえの無い遺産でもある。

 

私も日々(時間を重ねる事の価値)に意義を感じつつ、

明日を生きていきたい。 伝える意義を。

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント