いつ何時、時間は止まるかわからない。

私の兄は、昨年の年始に

国の難病指定の病に倒れた。

 

運良く一命は取り止めたものの

その後は手術、入院を繰り返す事となった。

 

50歳を超えてなお元気で、

体を鍛え、健康的な食生活を送り、

病気などする人でなかったのに、

突然、病魔は襲いかかってきた。

 

私は遠方にて、何も出来なかったが、

「なぜ、兄が…」と思うばかりだった。

 

病気の発覚から1年を経過し、

兄もやっと病を受け入れ、

気持ちも落ち着いているようだが、

 

いつ何時、時間は止まるかわからない。

少なからず、心身ともに辛い思いをし、

不安でいるに違いない。

 

最近は著名人の急死も流れ知る事が多い。

仕事も関係者やお客さんの周りでも

そんな話を耳にする。

 

いかに今が元気でも、

明日には我が身という事も。

 

いかなる状況にて

いかなる艱難を受ける事となっても、

何の不思議もないこと。

 

明日に備えて準備は整ってますか?

伝えたい人に伝える準備は出来ていますか?

 

一つの手段として、

自分の人生をまとめておく。

伝える準備を自分史にまとめておく。

 

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント