第2章 家族(3)

これは強靭な精神力を持つ父親からも認められていて、

父は母にそんなところにも感謝していたのだろうと思う。

 

母は小柄で身長は140cmにも満たない体で、

力仕事も農作業も、多忙な家事もガンガンこなす体力の持ち主だ。

 

父もハードワークを厭わずこなすが、

それについていく母は強い体と

精神力がなければやっていられない筈だ。

 

そんな夫婦の労働力は周囲からも敬意を受けていた気がする。

 

私も今はそんな2人の息子だと思い知るところだ。

 

母は息子である私を育てるについては、

乳児の頃を過ぎてからは殆ど祖母に託していたため、

私も母に甘えるということは殆ど無かったかと思われる。

 

賢い子供という訳では無かったが

我儘は言えない環境だったので、

自然と我慢強くもなっていた気がするのと、

話し相手も殆ど無かった為、

物事を考える時間も多かった分、

情報や知識は不足していたが

思考する力はついていったように思う。

 

という訳で、祖母、父、母は田舎の環境で

決して目立たないが、力強く生きる人達だ。

 

姉と兄は先にも述べたように母親が違うようだ。

 

年齢も10歳、9歳と離れている。

 

幼い時は、姉、兄とはもう少し歳が近ければと思ったり、

弟や妹が欲しかったりしていたように思う。

 

私が学生の間に姉も兄も社会人になっていた為、

年末年始やお盆に帰省の際には

時折小遣いを貰えて、ちょっとお得な気もしていた。

 

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント