第2章 家族(5)

今こうやって自分の事をお話しているが、

ご紹介した祖母や、父、母、姉、兄には

それぞれの人生、物語がある訳だ。

 

人はそれぞれある時間を共有し、

また一人ひとり別の時間を過ごし、

人生を編み上げている。

 

その中には至極の時があり、

その人の記憶の中に鮮明な映像として

残っている筈だと思う。

 

ただそれらは、その人の人生の終息とともに失われていく、

欠けがえのない財産であり至宝という事となる。

 

人は何れ程頑張って生きても100年、

200年とは生きられず、

年老いていくに従って

その欠けがえのない記憶も衰えていく。

 

今までもこれからも、

何れ程多くの財産が失われていくのかと感じずにはいられず、

私は今それらの財産を自分自身や、家族、大きくは後世社会に残し、

一人ひとりの人生に意義をもたらしたいと望んでいる。

 

・・・つづく

 

自分史作成は、ZIDEN.produce.

 

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント