第5章 基盤(7)

ここで少しサッカー部に入部した理由についてお話したい。

 

以前にも述べたが、中学時代の私は

柔道部に入っていたのだが、

体も小さく力も無かったので試合にはほぼ出られず、

やはりレギュラーとして試合をしたいとの思いから

出来るだけそのチャンスの多い人数が

試合に出られる競技で、

かつ興味のあったサッカー部への入部を決めたのだったが、

他の中学で経験を積んできている同級生が

多数入部する人気の部活であった中で、

未経験の私が試合に出られるチャンスは

その時点ではかなり低い確率だったと言わざるを得ない。

 

同級生の入部は20~30人ほどだったと思うが、

先輩も含めて50人近くの部員の中で

未経験者は1~2割な訳だからチャンスは少ない。

 

しかも入学当初は体も小さく、

体力も無いのだから無理もない。

 

それでも私がその時考えていたのは、

ここにいる全員が最後まで続けるか分からないし、

どこかで一度でもチャンスがあるかも知れないのだから、

とにかく最後までやり続けていこうと考えていたかと思う。

 

それと実兄も同校でやはりサッカー部にいて、

補欠ではあったが試合に出てゴールを決めたということも

サッカー部の監督から聞いていて、

なおさら情けないと思われぬよう

頑張ろうと思ったものだった。

 

入部後の私はとにかく未経験で

センスも何も無かった私が

人に勝つには一生懸命やるしかないし、

全てに全力で取り組む中で

自分を活かせるものを探そうと努めていた。

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント