第5章 基盤(10)

後々の人生においての経験という意味では、

希望する会社からの求人が無かったことが、

更なる特別な経験を私にもたらしてくれる事になった訳だ。

 

もし希望する会社に入社出来ていたり、

経済的な事をクリアできて大学進学が出来ていたら、

恐らくはある程度は安定した人生に

なっていたことかと思われるが、

逆に今考えている様なこと、

これ程までに様々な経験談を

ここに書き込むことは無かったのかとも思われる。

 

とにかく人生をある意味決する就職の入口に

到達した時にある程度の自信をもたらしてくれた

高校生活は私自身の礎として今までも、

これからも私を支えてくれる土台と

なっていく事かと思われる。

 

大学進学のための受験勉強や

それにともなうストレスが無かった割には、

厳しくも忙しく思えた高校3年間も、

部活動引退後は少し余裕もあって

ゴルフ場等でキャディーのアルバイトをさせてもらったり、

車の免許を取りに教習所に通ったりして過ごしていた。

 

就職試験や準備はさほど難しいものでも無かったので、

高校卒業までの数ヶ月はのんびりした感覚だったように思う。

 

年齢は18歳でまだ未成年ではあったが、

親の庇護のもと過ごしたのは高校卒業までの18年間となる。

 

そしていよいよ卒業となるが、

自分で言うのも何だが

まあまあいい成績とスポーツ奨励賞を頂いて無事卒業。

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント