第10章 出会い(4)

また精神面においても私に

大きく変化をもたらす事にもなったのだが、

お付き合いを始めた彼女がSGであり、

真面目に活動していた人だったので、

仏教についての話や活動、

時には会合などへの参加も度々するようになり、

当時の私は様々な事について何が正しくて、

どう考えて生きるべきかを

求めていた事もあって、

SGの活動や考え方、仏教の教えは私の疑問や

悩みを解決してくれるところが多く、

納得し得るものであった。

 

最初は友好的で親近感より距離を縮めていって、

そのうち深く関わるようになっていった。

 

但しその当時のSGはお寺側と言っていた

宗門の信仰への荒廃が明白となっていて

関係を絶っていた事から、

入会は出来ない状況であった事が、

かえって私としては安心して学ぶ事が

出来ていて幸いしていた。

 

そのような状況なのでよく聞く

強引な勧誘のようなものも無く、

素直に受け入れられ、

どちらかというと私の方から

積極的に距離を縮め、

教えを吸収しようとしていた。

 

それから2年後に入会が可能となると、

自然に抵抗なく入会したのであるが、

その時以来今もって私は、

SGであると認識している。

 

ただ活動については今の私は

以前のように活発ではなくなっている。

 

それでも私は一部世間から

言われているような異質で

盲目な宗教団体ではなく、

純粋にかつ現実的に社会に貢献し、

一般社会や実生活に根付いた宗教であり、

活動であると身をもって体感している。

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント