第12章 責任(5)

私も与えられた責任にプライドも手伝って

未払の給料が3ヶ月に入るまでは何とか耐え忍んで、

どうにかしようと私なりにも頑張ったつもりだったが、

とうとう限界に至ったというところだった。

 

仕事にも慣れプライドも得られ、

責任を果たしていくことに多少の自信もあったので

出来ることなら続けたかった仕事だったが、

無念にも3年弱で辞めざるをえなくなってしまった。

 

実はこの時私は既に親になろうとしていたのだった。

 

東京に住んで2年を経過しようとしていた頃、

妻から子供が出来たようだと告げられた。

 

結婚して暫くの間はお互いに仕事に集中したり、

日頃のSGの活動や2人の時間も

楽しんでいたかったので、

子供は作ろうとしていなかった。

 

かと言って若い2人な訳なので

SEXLESSだった訳ではなかった。

 

勿論子供の誕生は喜びだったし、

苦しい台所事情は予想も出来たが、

新しい命の誕生は2人とも歓迎するところだった。

 

そして平成8年の暮、クリスマスの

12月25日に長女として女の子が誕生する。

 

名前は色々考えもしたが、

賢くて慎ましさ美しさを備えた人にとの思いで、

沙慧子と名付ける事とした。

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント