第13章 新転地(2)

第2子である長男についても健康に出生し、

妻も2人目という事で第1子の時よりも

落ち着いて出産に臨んでくれ元気であった。

 

この時は長女は2歳、長男は生まれたばかりであり、

妻の方でも少なからず疲労やストレスがあり、

少しでも気を緩める事が出来るように、

私の実家から私の母親を呼んで

子供たちの面倒を見てもらえるようにもしていた。

 

山形での生活は東京や大阪とは違い

落ち着きのある暮らしであり、

仕事も順調にこなしていったので、

私としては本当によかったと思っていたし、

安定感、安心感は有り余るくらいに感じていて、

感謝する思いであったと思う。

 

そんな中、M社内での社内のキャンペーンで

目標達成に合わせてハワイ旅行に行けるというものがあり、

その間の実績で目標を大きくクリアした私も、

妻と長女を伴ってハワイに行けるという機会を得られた。

 

長女はその時はまだ3歳にも満たない幼子であったので、

その時のことは恐らく覚えていないだろうと思いながらも、

折角の機会なので連れて行く事とした。

 

さすがに生まれて間もない長男は今回は残す事とし、

その間は山形の両親に預かってもらう事とした。

 

私は以前にもお話したように、

アメリカのLA近郊に1年間行ったことはあったが、

ハワイは初めてであり、妻は初めての海外旅行という事であった。

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント