経験、アプローチ、仕事の運び方・・・第15章 敗走(5)

私は以前の経験もあってアプローチの仕方や

仕事の運び方に心得があったので、

仕事自体への抵抗は少なかったが、

同期で採用された人達の殆どが

不慣れな業務だったようで、

慣れずに早々とやめていく人や

いつまでも困惑した状態の人もいた。

 

それでも1ヶ月の研修期間中は

とりとめて成果は期待されていないので、

何とか10人程がそれぞれの部署に配置されていった。

 

わたしは中でも割とやり易い環境のグループと

上司のもとに配属となり、

同期入社の人も一人同じグループに配属となった。

 

同期の人たちは1人か2人づつ

それぞれ違うグループに配属となったが、

基本的にやっていることは同じだし、

殆どフロアも同じだったので、

昼休みにいっしょに食事したり

仕事帰りに集まって近くのファーストフード店等で

励まし合ったり愚痴ったりして懇親を深め、

いつの間にか絆のようなものまで

感じる位の仲の良さで、

社会人としては珍しく学生時代の仲間のように

お互いを思っていたかと思う。

 

その中でも同じグループに配属になった

6歳上の女性は明るくてユーモアのセンスがあり、

今まで経験してきた苦労を感じさせない逞しさもあり、

外見も細身でキリッとした顔立ちであtった為に、

同期からのみならず先輩や上司からも好かれていた。

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント