明確なビジョン、思いがけない話、復活・・・第16章 信頼(7)

その後の人生の中で学んだことや

得られた知識から言えることは、

当時足りなかった明確なビジョンと、

必ず成功するという自身への確約が

何よりも大事だという思いを持ち続け、

必ず再び挑戦するとの想いだ。

 

松山でこんなふうに曖昧に生きていたとき

私に声をかけてくれる人がいた。

 

それは山形にいた当時一年ほど上司だった人からの誘いで、

当時と同じくM社グループのM社福島に転職していた同氏から、

新しく展示場をつくる上で人員が必要となるため、

よかったら来ないかとの話があり、

思いがけない話ではあったが

当時勤めていた会社への義理や、

もし今私がいなくなったら困るだろうとの思いもあった為、

多くの時間的猶予も無い中で

私は当時勤めていた会社に対し、

処遇の改善(昇給)が無ければ

次の職場へ移る意志を伝えたのだが、

勤めていた会社の方でも予想以上に随分歩寄って頂いて、

私としては逆に申し訳なく思う位で

ますます悩むことになってしまった。

 

この時私は37歳であり、

そろそろ復活をかける必要があったことから、

将来に向けて計算のできる安定性を選択し

福島県郡山市に向かった。

問い合わせ

 

■関東オフィス

神奈川県小田原市浜町4-21-3
  TEL:080-3099-3143
 主宰:柴崎博道

パートナーシップ企業
パートナーシップ企業
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
長寿のお祝いに、 聴いて一緒に過ごす時間のプレゼント!
宅配プリント